読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボク的クソゲーお仕置きブログ@1徹

このブログでは、個人的にクソゲーやゴミゲーと判断した作品を風刺的に批評し、時事ネタやゲーム全般についても考察しています。

僕的クソゲーその24 サガ スカーレット グレイス

サガとかいうシリーズのこの最新作、クソゲーである。

 

佐賀県の田舎でスカーッとできる自然体験ゲームかと思って購入したけど、ぜんぜん違ってた。
宝塚劇団みたいなキャラクタが戦闘したりマップ探検するだけでつまんない!!
グラフィックもアニメ―ション部分が物足りないし、バトルは緊張感なくてちっとも面白くない。
会話シーンもノベルゲーみたいな紙芝居で見ごたえない気がした。
私的に楽しみ方がよくわからないゲームなので即売りしました。
これよりファイナルファンタジー15というゲームがおすすめです!

僕的クソゲーその23 妖怪ウォッチ3 スキヤキ

子供向けのこの幼稚ゲー、クソゲーの極みである。

 

当方、パン工場非正規雇用で働き、毎日ハンバーガーとカップ麺でしのいでいる星1徹59歳という者です。
おいしいスキヤキが食べられる応募券が付いているのかと期待してこのゲームを買いました。
でも、夢は壊されました。
変なネーミングの妖怪が出てきて捕まえたり、街などを冒険するだけ。
俺の欲望は満たしてくれなかったので厳しめの評価です。
グラフィックや操作性も難しく、序盤からわかりませんでした。
よって即売りとし、俺もスキヤキ食いてぇよ!と叫びながら和食屋で走り回るRPG作ろうと思いました!

僕的クソゲーその22  キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナルチャプタープロローグ

初見者には意味不明なこのムービーゲー、クソゲーである。

 

このシリーズ初めて買ったものの、ごちゃごちゃとストーリーが複雑でわからない。
過去作をプレイしないと完全に理解できないようです。
グラもショボいし、操作性もマリオ以下。
だからこの評価とし、他のゲームを買おうと決断し即売りです。

僕的クソゲーその21 GRAVITY DAZE 2 グラビティデイズ2

重力操るこのゲーム、酔うだけのクソゲーである。

 

「ハァーーー…」

「どうした?」

「……はぁ…クッソ…なんだよ…全然サイレン3は出てこねぇな」

「俺な…期待して待ってきたんだよ」

「けど、なんかこうして…グラビティデイズの新作を先にプレイしたらさ…」

「(感極まって酔いながら)わりぃ…やっぱつれぇわ」

「…そりゃ、つれぇでしょ」

「ちゃんと言えたじゃねえか」

「聞けてよかった…」

「みんなどうもな!俺…このゲームのこと即売りだわ!」

僕的クソゲーその20  ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期

下品極まりない下ネタ満載のこの作品、クソゲーである。

何が許せないかって、ボイスがこもっていて全体が台無しだ。
さらに、フラグの順序の立て方でフリーズも起こる事案がある。
例えばチャプター2で、学級裁判チャイム前にどの捜査段階で終了するか。
春川マキに話しかける形で終わるとフリーズ発生。
他にもフラグの立て方そのほかでフリーズ箇所があると思われる。(PS4版は不明)
ジャンルとゲームシステム上、キャラクターのボイスが極めて重要な作品なのにありえぬ。
最近のゲームメーカーは何処も未完成品はDLCで、バグはバッチ配信すれば済むと安易に考え、
拙速に未完成品や不良品を発売している傾向がある。
製品管理が杜撰とお仕置きロンパせざるをえないため、この評価とさせて頂く。992メガも修正パッチ使うなんて論外っしょ。

僕的クソゲーその19 蒼き革命のヴァルキュリア

戦場のヴァルキュリアからの派生作品たるこれ、超クソゲーである。

 

簡潔に感想述べるならば、「中身PS2時代並の無双風RPG」。
グラフィックはハード自体の性能で多少綺麗に見えるけど、PS4専用の作品レベルとしてはお粗末すぎ。
カットシーンも肝心のバトルモードも目の保養にすらならない。
ストーリー重視で魅せたいのは分かるが、これゲームでしょ。
体験版と変わらず本編全体にカットシーン多い。ロードもいちいち頻繁。
操作性が悪い。キャラ造形も幼稚。バトルつまらない。ところどころ技術不足を感じる。
だいたい敵キャラ倒したときにリアクション乏しいから爽快感もないし、エフェクトの作りがヘタすぎ。
仮にも戦場なんだから兵士の咆哮、自然環境音、遠くに響く銃声とか細部にもっとこだわれよ。
だから移動中も戦う緊張感なんざなく、
この程度なら単純なコマンド式戦闘のほうがマシと思って当たり前だろっての!
「これ作った方たちって、発想がひと時代前だなあ、RPGの意味わかってねぇなあ」ってのが率直な感想。

ねえ...、中身がスッカスカだよ?

こんな雑なゲーム、PS3時代でも十分開発可能だったようなふるくさい、何の驚きもないRPGだよ。
ゲームデザインは特別目新しさないし、UIやサウンド面、
キャラの操作への配慮見たってセンスの欠片もないじゃん。
とてもじゃないけど戦術ゲームに革命起こしてないよ。
ハードがPS4なんだから、もっとこだわって丁寧にモノ作ろうよ。

 

ボク的神ゲーその2 ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション

 全世界で絶賛されたこのRPG、珍しく評判通りの神ゲーである。

 

 まるで戦乱大河ドラマのような重厚で壮大なストーリーが、美しいムービーシーンや広大なマップグラフィックで展開される様は圧巻だ。

 

 ただの会話の時でさえリアルな質感のシーンに切り替わり、臨場感が素晴らしいのである。

 

 音楽や効果音も作り込まれており、音声に至ってはローカライズも完璧。メインストーリーにかかわらない会話や、サブクエストにまでしっかりとテコ入れが施されており労力に感心した。

 

 ゲームシステムもわかりやすく、タッチパネルを押すだけですぐにキャラクター画面やオープンワールドマップの項目確認などが可能で、見やすいインターフェイスのため、アイテムなどが増えてきても雑然としないし、マップはアイコンの表示がわかりやすいので目的地や未発見場所も探しやすい。

 

 ロード時間も比較的短く、ストレスを感じなかった。

 

 ボリュームは追加コンテンツ2つも収録されており、合計120時間はゆうに超える大ボリュームとなっておりプレイし応えがある。しかも強くてニューゲームモードもあるので、リプレイ性も高いのが魅力だと思った。

 

 スパイク・チュンソフトの見事なローカライズのおかげで神ゲーとして海外版の原作の雰囲気の良さを壊すことなく日本語版となったこの作品、アクションRPG好きなら絶対にプレイしないと損なマストバイな傑作である。

 

 最後になるが、この作品は2も出ており、こちらも傑作となっている。入手は困難だがプレイしてみる価値はあるので遊んでみよう。

 

【以下概要引用】

2015年度最高のRPG『ウィッチャー3 ワイルドハント』
 •2015年5月の発売以降、全世界で800以上のメディアアワード&ノミネーションを獲得し、名実共に2015年最高のRPGとなった。この傑作RPGが、これまでに配信された全てのコンテンツを同梱した「ゲームオブザイヤーエディション」として再び登場! !


 •これまでに配信された『ウィッチャー3 ワイルドハント』のコンテンツを完全収録。本作には、無料配信された16種類のダウンロードコンテンツや、新しい物語が楽しめる2つの有料大型エキスパンション・パックを含む『ウィッチャー3』の全てが収録! ! ユーザーの意見に耳を傾け、配信を重ねてきた数々の改善プログラムも予め適用。


 •・エキスパンション・パック1「無情なる心」盗賊団の頭領、オルギエルド・ファン・エヴェレックを倒す依頼を引き受けたゲラルト。オルギエルドは、その身体に不死の力を宿すという――「無情なる心」は10時間以上の新しい冒険と、新しいキャラクター、強力な怪物、新たなロマンス、そしてプレイヤーの選択によって変化する新しいクエストを楽しむことが出来る。


 •・エキスパンション・パック2「血塗られた美酒」「血塗られた美酒」の舞台は、戦いとは無縁の土地「トゥサン」。そこで王国を脅かす怪物に隠された恐ろしい秘密が明らかに――全く新しい探索地域、新しいキャラクターや怪物が登場する「血塗られた美酒」では、悪事、予期せぬ展開、ロマンス、裏切りが満載の20時間以上に及ぶ冒険がプレイヤーを待ち受ける。戦争が暗い影を落とすウィッチャー3本編の舞台とは異なり、平和で美しい「トゥサン」では、グランドトーナメントで騎士たちと腕を競ったり、自分だけのワイン農園を作り上げたりといったこれまでにはない新しい楽しみを提供。