読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボク的クソゲーお仕置きブログ@1徹

このブログでは、個人的にクソゲーやゴミゲーと判断した作品を風刺的に批評し、時事ネタやゲーム全般についても考察しています。

ボク的間違いなくクソゲーその11 『Fallout 4(フォールアウト4) 』

ベセスダソフトワークスから発売されたこの世界的と崇められるオープンワールドRPG最新作、クソゲーである。

間違いなくゴミゲーの要素を満載しているはずなのだが、なぜか多くの人が過大評価しているとしか思えない。

1 戦闘が3やNew Vegasから改善された
 →どこが?と思う。このゲーム、視点をFPSとTPS視点に切り替えられるのだが、そのどちらでプレイスタイルを取っても中途半端である。
 前者だとVATSというスローモーションで敵の部位を狙って攻撃できるが命中率は杜撰だし、
 後者だと敵の動きが早いだけに加えて乱射してくるだけなので非常につまらない。
 敵のルーチンを見ていると明らかだが、どの敵も動きに個性がなく、ただ撃ちまくり、突っ込んできたり自爆するだけというお粗末さ。
 こんなムチャクチャで適当な戦闘アルゴリズムなんざ一昔前のオールドスクールシューターと同レベルで話にならんわというのが感想だ。

2 グラフィックがキレイ
 →どこがやねん?と思う。核戦争後の荒廃した荒野自体を舞台にしているのはかまわないが、どこへ行っても殺風景過ぎやしまいか。
  たいていの建物は同じようなデザインの使いまわしだし、フィールドはほとんど何の変化もない野原が広がるだけ。
  さらに会話シーンになるとその酷さが顕著に見られ、NPCのテクスチャのショボさなんてもうPS2並としかいいようがない。
  こんなクソ映像でPS4とか笑わせんのもほどほどにしろやと思う。

3 BGMがいい
 →はぁ?どこがぁ~?と思う。むしろうるさいので、僕は設定で完全ミュートにして効果音だけに変更したほどである。
  映画を意識しているのか知らんが、バトルモードになったときとフィールドをウロウロしてる時に切り替わるくらいで、
  あってもなくてもどうでもいいようなサウンドである。

4 操作性がいい
 →嘘つけと思う。ジャンプしても障害物やフィールドの段差関係を越えにくいし、とりわけPip-Boyという端末が酷すぎる。
  これの操作性は致命的といえる酷さで、ゲームプレイ全体に関わり続けるので序盤でやる気をそがれる人も多いはずだ。 
  今時サークルコマンドすら使わず、たった4種類のおきにいりを十字ボタンにセットできるだけ。
  しかもメインの画面がダサく、未来なんて感じさせやしない。
  良い例として挙げるが、せめてDEAD SPACEのような空間投影のホログラムUIを見習うべきだろう。
  こんな腕巻きみたいなガキのおもちゃみてーな粗大ゴミ巻きつけて冒険なんかできるかっつーの。
  各項目間のタブ移動もいちいちわずらわしく、近年のRPGでは最低最悪の前世代じみた操作性である。

5 クラフトや改造が面白い
→どこがやねん。ただガラクタ集めてきてマインクラフトの真似するだけだし、やれることは少ない。
  そのくせルールもチャートリアル不足で理解しづらい。
  説明書くらい最初から付属しとけカス。

まあ他にもバグやらフリーズやらロード時間の長さやら不満だらけのクソゴミゲーのくせしてよくもまあこんな売れてると驚かされる。
こんなのやるんだったら、まだ同スタジオ製作のスカイリムのほうが丁寧なつくりで好感が持てたといえよう。

ただでさえプレイの快適性の欠如したこのクソゲー、シリーズ初心者の方には全く不親切もはなはだしいと断言できるほどひどいナンバリングだ。

それでも難しくてゴチャゴチャしたような世界をウロウロしたい人や、
複雑で手抜きだらけの世界で探索もどきが体験してみたい人なら一度手にとってみてもいいかもしれない。